7月2日リニューアルオープン予定

まとめサイト(キュレーションサイト)はやめた方がいい

浦安の青空

偉大なる先人たちの忠告

きまぐれニュース72をはじめたのが2013年5月だったのですが、そのころすでにネット上では「今更まとめサイトはやめたほうがいい」というご意見が散見されておりました。

しかし、ガラケーサイトのころから作ったモノに対する集客に頭を悩ませており、当時つくっていたアプリも当然のことながら、制作期間と同じくらい集客手段に時間をとられ、それでも上手くいかずに頭を悩ませておりました。

体力のある会社ですと、お金にものを言わせてバンバン他メディアで宣伝しまくるのですが、弱小ではそれもできずに、アプリ評価サイトに依頼を出すなどして、あとは運を天に任せるような感じになっておりました。

そんな苦労をしていたのもあって、比較的開発の敷居が低く、それでいて世間に対する影響力が絶大な「まとめサイト」に目が行ってしまい、ここでまとめサイト制作に時間をとられても、後々の集客労力を考えればプラスになるであろうと、アプリ制作と並行してきまぐれニュース72というまとめサイトを始めるに至りました。

ライブドアバズーカの威力

はじめて1年目は、だいたい1日あたり500~1500PVで移行していたのですが、2014年3月あたりから、ライブドアのブログロールに取り上げていただけるようになりアクセス数が激増!!

1日あたり1万PVを超える日もあり、2014年10月には1か月のPVが29万9000までいきました。

と、ここで手ごたえを感じてしまい、アプリ開発は完全に中断。新規アプリを作らずとも、既存アプリのメンテナンスだけでも大変だったのと、ここが攻め時!と勘違いして、アプリ開発にかける時間をすべてサイト更新につなげてしまいました。

アクセス数激減とSEO対策と引き際を間違えた

それからしばらく月間20万PVを前後していたのですが、ライブドアブログロールもただのルーキー応援期間だったせいか?気が付くとライブドアブログロールから外れてしまい、外部からの流入が激減。

素人が手あたり次第にネットで集めた情報を元にSEOなんてやってるので、どれがどう効果的に働いてるかもわからず、気が付けば2015年の8月には月間10万PVあたりまでアクセス数が減っておりました。

そして2016年の2月からは月間アクセス数が10万PVを切るようになり、ネットで調べたSEO対策なども効果がでずに、ついに万策尽きたようになりつつありました。

ちょうど3年たった2016年5月には、サイトの閉鎖を本気で考えるようになりましたが、最後の手段とこれまで利用していたライブドアブログから離れることにして、レンタルサーバーにワードプレスであたらしくブログスペースを立ち上げ、そちらにきまぐれニュース72を移行しました。

が、しかし!それも対した効果なくアクセス数は低空飛行を続け、記事を更新するよりもSEO対策ばかりするようになり、サイトの更新頻度も落ちて、2016年9月には更新を止めてしまいました。

まとめサイトはイメージが悪い

きまぐれニュース72の更新を止めてから1か月ほどして、DeNAの医療情報サイト「WELQ」によるパクリ問題が浮上!!

本来、まとめサイトやキュレーションサイトといわれるメディアは、ネット上にあふれる情報から、面白いものだけを抽出(編集)して読者にお届けする役目を担っているので、WELQのように、引用元を明記せずに、他のサイトからほぼまるごと情報をパクったりするのは、まとめでもキュレーションでもなんでもないので、まったく関係ないといえば関係ないのですが、世間一般の認知としては、そういった著作権法違反なサイトもまとめもキュレーションも同じように見えているのも、また事実だったりします。

そんなこんなが重なり「ここらが潮時か」と思い、フト自分のこれからを0から考えるようになりましたが、

気が付けば、3年近くまともにアプリ開発をしなくなったので、開発ツールもすっかり様変わりしていましたし、なにより「まとめサイト」のイメージが世間様一般には悪かったりするので、ここからまた開発に戻ろう、他社で従業員として働こうとするにもハードルが高くなってしまいました。

個人製作でもなんでも、プログラムをバリバリ書きまくってアプリを開発していたら、スキルも上がりますし、ストアにアプリを並べられれば、世間様は認めてくれますが、3年もまとめサイトなんてやってても、ほぼ評価する価値なしだと思ってます。

そりゃ高校生でも始められるような敷居の低さですし、大手まとめサイトもアルバイトや外部ライターに低価格で発注してると聞くぐらいですから、「まとめサイトを書いていました」なんて言われても返答に困りますよね。

ある程度の規模があるまとめサイトを自分で持つことができれば、それは自分の好きなように情報を流すことができる大きな武器になりますが、まとめサイトを書いていましたでは、ちょっとお話になりません。

これからまとめサイトはやろうという人に

価値観なんて人それぞれですので、「まとめサイトを書いていました」という経歴を評価しれくれる人や会社もあると思いますが、個人的にはその時間を使って、他の勉強やキャリアを積んだほうがいいと思います。

まとめサイトは始めるのに敷居が低いし、まとめサイト(キュレーションサイト)の影響力は絶大だし、大ヒットすれば企業に高く売れるというのも、また事実だと思いますが、

敷居が低い分、まとめサイトを始める人も大勢いるので、その多数の中から勝ち上がるのがどれだけ難しいか、それを考えてみてから、まとめサイトを始めるべきかどうか決断した方がいいと思います。

大手サイトの更新頻度には勝てそうにないけど、隙間をつけばなんとか!と思っても、意外にもその隙間もすでに多数の競合者がいたりしますので、これからまとめサイトを始める方は相当な覚悟を持っていどまれた方がいいかと思います。

SNSでフォローする