「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2015年4月】Apple Watch発売

AppleWatch
Pocket

Appleが腕時計を作るとこうなる

2015年(平成27年)4月24日、Appleから腕時計型ウェアラブルコンピュータ「Apple Watch」が発売されました。

iPhoneのようにストレージの容量ごとにバリエーションがあるのではなく、時計本体のサイズと素材によりバリエーションが分けられていました。

素材は、こちらの3種類が用意されており、

  • スタンダードモデル:ステンレススチール(本体素材)、サファイアクリスタル(ガラス)
  • エントリーモデル:アルミウム合金(本体素材)、Ion-Xガラス(ガラス)
  • フラッグシップモデル:18金(本体素材)、サファイアガラス(ガラス)

この3種類に加えて、大きさは38mmと42mmの2サイズのみが用意されており、本体のみで合計6種類が用意されていました。

さらにApple Watchは本体に加えて、付替えができるバンドが複数種類用意されていました。

ちなみに、最高級品になると100万円以上を超えるものがあり、iPhoneやMacとは違う付加価値を盛り込んだ商品展開であったのも印象深かったです。本体素材に18金とかって商品がAppleオフィシャルで出てくるんですから、すごい時代になったものです。

Apple Watchの機能

Apple Watchで電話を受けたり、メールや各種インターネットから情報を呼び込むことができるのですが、Apple Watch単体で通信機能を有していない都合、どうしてもiPhoneと連携しなければいけず、iPhoneとApple Watchをセットで使うことが前提のような作りになっていました。

音楽や画像などにについては、iPhoneからApple Watchに転送することで、Apple Watch単体で音楽を聴いたり、画像を観たりすることができます。

ティム・クック体制後、初の新カテゴリー

こちらのApple Watchは、ティム・クック氏がAppleのCEOになってから初めてとなる新カテゴリー製品でもありました。

スティーブ・ジョブズ氏がApple Watchのことをどこまで知っていたかは明らかにされていませんが、病床に伏したジョブズ氏が、健康について考えることが多くなり、そこからApple Watchの開発が始まったという話も聞きます。

そう、iPhoneが外界の情報を集めるツールなら、Apple Watchは自分の体内データを集めるツールなんです。

Apple Watchは初代から心拍センサーがついていましたし、iPhone以上に身近な存在になることで、その人の行動データを集め、各種データの収集と分析を行い、健康を数値化することで管理しやすく、意識しやすくすることで、健康的な生活をサポートする存在なんだと思っております。

今でこそ主従関係でいうと、iPhoneが主で、それに従っているApple Watchですが、いずれApple Watchが単独で通信機能を持ち始めれば立場は逆転して、Apple Watchがメインとなり、大きい画面を必要とする時にサブ機としてApple WatchにデザリングしたiPadなどを使うというのが普通になるような気がしております。脱iPhone、ティム・クック氏が名実ともにジョブズ氏を超えたと言われるのはその時でしょう。

見出し画像引用:Apple
出典:Wikipedia

SNSでフォローする