「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2005年4月】アニメ『ドラえもん』声優一斉変更

ドラえもん
Pocket

ドラえもん声優陣一斉交代

2005年(平成17年)3月18日の放送をもって、アニメ『ドラえもん』の旧声優陣による放送が終了し、4月15日より新声優陣による放送が始まりました。

旧声優陣

  • ドラえもん=大山のぶ代(1979年4月2日放送回~)
  • のび太=小原乃梨子(1979年4月2日放送回~)
  • しずか=野村道子(1979年4月2日放送回~)
  • ジャイアン=たてかべ和也(1979年4月2日放送回~)
  • スネ夫=肝付兼太(1979年4月2日放送回~)

新声優陣

  • ドラえもん=水田わさび
  • のび太=大原めぐみ
  • しずか=かかずゆみ
  • ジャイアン=木村昴
  • スネ夫=関智一

なぜ一斉変更になったのか?

2004年11月22日の朝日新聞にて突如ドラえもんの声優陣一斉交代のニュースが公表され、各テレビ局もこれを大きく伝えておりました。

声優陣一新の理由については、ドラえもんを演じていた大山のぶ代さんが、自身の病気(直腸がん)を理由に降板を申し出たことがきっかけとのことで、最初に降板を相談した2001年時には、笑って一蹴されてしまったそうです。

そこから放送開始25周年を迎え、5人で卒業の話が出始め、2004年5月ごろに5人で卒業することの同意が得られ、一斉交代に至ったそうです。

新旧エピソードの境界線

旧声優陣による3月18日の放送回最後のエピソードは、1787話「ドラえもんに休日を?!」になり、新声優陣による4月15日の放送回最初のエピソードは「勉強べやの釣り堀」になります。

3月25日は旧声優陣による最後の劇場版ドラえもん、「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」が放送され、旧声優陣によるシリーズ最後の放送を終えました。

劇場版の話でいうと、1980年に公開された「ドラえもん のび太の恐竜」以降、25年間毎年公開されていた劇場版ドラえもんは、2005年には公開されませんでした。2004年に公開された「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」と2006年に公開された「ドラえもん のび太の恐竜2006」の間に1年間のブランクが生じております。

声優陣一斉交代にあわせて

声優陣一新にともない、キャラクターデザインも一新。ハイビジョン制作への移行、サブタイトル画面やBGMなどが大幅リニューアルされ、原作の再利用(リメイク)も多くなり、テレビシリーズ以外にも、劇場版ドラえもんも原作の再利用(リメイク)ものが多く公開されることになりました。

その後の旧声優陣

2005年3月にレギュラーキャラクター5人の旧声優陣(大山のぶ代、小原乃梨子、野村道子、肝付兼太、たてかべ和也)が田山力哉賞を受賞。

2006年11月には、第11回アニメーション神戸にて旧声優陣5人が特別賞を受賞。

2007年3月には、東京国際アニメフェア2007で、旧声優陣5人が第3回功労賞を受賞。

2015年6月18日に、ジャイアンの声を務めたたてかべ和也さんが、2016年10月20日にはスネ夫の声を務めた肝付兼太さんが逝去されました。

出典:テレビ朝日ドラえもん公式サイトWikipediaドラえもん(1979年のテレビアニメ)Wikipediaドラえもん(2005年のテレビアニメ)Wikipediaドラえもんのアニメエピソード一覧(2001年ー2005年3月)Wikipediaドラえもんのアニメエピソード一覧(2005年4月ー)MiSTTiMES Blog

SNSでフォローする
関連記事
No articles