「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2006年11月】プレイステーション3発売

プレステ3と久夛良木社長
Pocket

プレイステーション3発売

2006年(平成18年)11月11日にソニー・コンピュータエンタテインメントから家庭用ゲーム機「プレイステーション3」が発売されました。

発売当時は、需要に対してあまりにモノが少なすぎて、一部の消費者から「物売るってレベルじゃねーぞ!」という名言が飛び出したりもしました。

本体の特徴

プレイステーション2では、映画DVDなどが再生できることが注目されましたが、プレイステーション3では映画DVDの他、映画ブルーレイディスクも再生できることが注目されました。

発売当初の機種はプレステ2のソフトが遊べる下位互換搭載機でしたが、翌年2007年から発売された新型には下位互換機能が搭載されませんでした。

HDMI端子などがついており、ハイビジョン画質に対応した出力が可能になりました。

本体価格

発売当時のプレステ3は、内蔵HDDの容量は20GBと60GBの2種類で、発表当時の価格は20GBモデルが6万2790円、60GBモデルがオープン価格でしたが、発売前に価格が改定され、20GBモデルは4万9980円、60GBモデルが5万9980円になりました。

さらに2007年10月には、20GBモデルが4万4980円、60GBモデルが5万4980円と5000円値下げされ、その後も本体価格はたびたび改定になったり、新作ソフトとのパッケージ販売やらいろんな販売スタイルがありましたが、2017年現在はプレステ3単体で500GBモデルが2万5980円となりました。

販売台数

発売当初は、ブルーレイディスクの主要部品である青紫色レーザーダイオードの量産失敗から、市場に対して十分な量を供給できずに苦戦しておりましたが、生産体制が整い、本体の大幅な低価格化、ソフトラインナップの充実にともない、2013年には全世界売り上げ台数が8000万台に達し、日本国内だけを見ても2014年12月には国内販売台数が1000万台を超えました。

2014年2月22日に後継機となるプレイステーション4が発売されたあともプレイステーション3は販売され続け、2017年3月にプレイステーション3は国内出荷完了となりました(以後は市場にでまわってる分のみ)。

 

出典:Wikipedia
見出し画像引用:engadget

SNSでフォローする