「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【1998年2月】郵便番号が5桁から7桁になる

郵便番号7桁
Pocket

郵便配達の作業効率アップを目指し

1998年(平成10年)2月2日に郵便番号が7桁になりました。

もともと郵便番号は、機械で郵便物を仕分ける際につかう番号として導入され、1968年7月1日の導入時点では、3桁もしくは5桁だったそうです。

3桁、5桁の時は、市町村までしかわからなかったものが、郵便番号が7桁になることで、町域までわかるようになり、機械でより細かく仕分けをすることができるようになりました。

なので、郵便番号さえ書いてあれば、あとは町域から下の部分を書けば届くことになります。

(例)

東京都○○区△△台1-2-4 → 1-2-4

ただ、郵便番号を間違えてしまう可能性もありますので、一般的には町域まで含めて書くのがいいようです。

(例)

東京都○○区△△台1-2-4 → △△台1-2-4

ついでに郵便番号の桁数でどこまで分かるかを、ちょっと分かりやすく分解すると

3桁 = 東京都

5桁 = 東京都○○区

7桁 = 東京都○○区△△台

となります。

トリビア

7桁化が実施されたあと、1999年の年賀はがきだけは5桁と7桁、2種類発売された。

ヤマト運輸など宅配業者が郵便番号を使うようになったのは、7桁化後のこと。

北方領土と竹島は「無人島扱い」になっているため、郵便番号は割り振られていない。

郵便番号簿のことを「ぽすたるガイド」と呼んでいた時期があった。

郵便番号は地域ごとに割り振られているが、郵便量が多い事業所などには、専用の郵便番号が用意されている。

出典:郵便局ホームページWikipedia

SNSでフォローする
関連記事
No articles