「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2007年4月】4月29日が「昭和の日」に制定、「みどりの日」が5月4日に移動

みどりの日
Pocket

昭和の日制定

2007年(平成19年)より「昭和の日」が制定され、昭和天皇の誕生日だった4月29日が「昭和の日」と定められました。

これに伴い、2006年まで4月29日の祝日として扱われていた「みどりの日」は、5月4日に移動されました。

※もともと5月4日は「国民の休日」だったので、休日が増えたわけではありません。

(昭和)天皇誕生日から昭和の日への遷移

  • 1988年までは4月29日が(昭和)天皇誕生日だった。
  • 昭和天皇崩御により、1989年より4月29日を「みどりの日」と定める。
  • 2005年、改正法案が衆参両院で可決され成立。
  • 2007年より、4月29日は「昭和の日」と定められる。
  • 2007年より、5月4日の「国民の休日」は「みどりの日」と定められる。

昭和の日の意味

国民の祝日に関する法律によると、昭和の日の趣旨は「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」とされています。

昭和といえば、第一次世界大戦直後の1926年12月25日から1989年1月7日まで続き、その間に関東大震災、第二次世界大戦を経験し、1945年以降から7年間は日本史上初めてとなる他国(GHQ)の占領を味わい、そこから1955年から始まる高度経済成長を遂げ、1970年代には世界第2位の経済大国になるまで発展した奇跡の時代でもあります。

出典:Wikipedia


※ちなみに昭和天皇崩御のニュースの時はルパン三世の再放送やってました。

見出し画像引用:PAKUTASO

SNSでフォローする
関連記事
No articles