「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2000年1月】仮面ライダークウガ放送開始、平成ライダーの幕開け

仮面ライダークウガ
Pocket

平成ライダー第1号

2000年(平成12年)1月30日に「仮面ライダークウガ」の放送がスタートしました。

テレビシリーズとしては「仮面ライダーBLACK RX」から10年ぶりで、放送期間は、2000年1月30日~2001年1月21日、のちに「平成ライダー」と言われる平成シリーズの第1作目となりました。

子供向け特撮番組から大人のドラマへ

昭和ライダーは、人類に対して明確な悪意を持つわかりやすい敵組織がいて、毎回毎回その敵組織に所属する怪人を倒すという一話完結・単純明快なヒーローストーリーでしたが、仮面ライダークウガでは、敵となるグロンギと呼ばれる未確認生命体の目的や存在意義などを明かさず、回を追うごとにそれらが明らかになっていくというミステリー調のストーリー展開にしていました。

これらが話を複雑にさせる要因となり、結果として子供向けの特撮番組のイメージを払拭し、大人も楽しめる特撮番組になったかと思います。

他にも、昭和ライダーは仮面ライダーのサポート役として「少年仮面ライダー隊」といった、当時の視聴者の分身のような子供部隊が出てきていたのに対して、クウガでは「警察」と一緒に共同戦線を張ったりと、子供目線を排した大人向けな設定だったりもしました。

ちなみに、よくイケメンヒーロー化が平成ライダー成功の要因と語る人もいますが、昭和ライダーだって十分にイケメンな人たちばかりなので、個人的にはイケメン要素はあまり関係ないかと思います。

毎日放送からテレビ朝日へ

クウガ以降、平成ライダーはニチアサと呼ばれるテレビ朝日、日曜朝に放送されていますが、昭和ライダーは毎日放送で放送されていました。

仮面ライダー新シリーズも、当初は毎日放送での制作を目指していたそうですが、毎日放送がウルトラマンを選んでしまったために、仮面ライダー新シリーズはテレビ朝日で放送されることになったそうです。

しかし企画当初は、仮面ライダーとはいえ、すでに過去のブランドに過ぎず、それほど歓迎された企画ではなかったそうですが、仮面ライダー1号を演じた藤岡弘、さんがゲーム機セガサターンのCMにせがた三四郎として起用され、それがお茶の間の話題となり、仮面ライダーがクローズアップされたのが追い風となり、クウガの誕生につながったそうです。

出典:Wikipedia
見出し画像引用:仮面ライダークウガ

SNSでフォローする
関連記事
No articles