「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2011年7月】なでしこジャパン、サッカー女子ワールドカップで優勝

なでしこジャパン
Pocket

なでしこジャパン優勝

2011年(平成23年)7月18日、ドイツで行われたFIFA女子ワールドカップで、サッカー日本女子代表なでしこジャパンが初優勝しました。

ワールドカップでの初優勝もさることながら、311の震災で傷ついた日本に、明るい話題を呼び込んだことで日本国中が祝福ムードになりました。

決勝戦の相手はアメリカで、延長戦終了時で2-2の引き分けからPK戦に突入し、3-1でなでしこジャパンが勝利しました。

ちなみに、アジア勢がFIFAの大会で優勝したのは、男女通してもなでしこジャパンが初めてとのことです。

大会データ

  • 開催国:ドイツ
  • 日程:2011年6月26日~7月17日
  • 参加チーム数:16チーム
  • 優勝賞金:100万ドル(当時のレートで約8000万円)

なでしこジャパンの試合

なでしこジャパンは予選グループBに参加、ニュージーランドに2-1で勝利、メキシコには4-0で勝利、イングランドには0-2で敗北して予選突破。

決勝トーナメント、準々決勝ではドイツ相手に1-0で勝利、準決勝はスウェーデンに3-1で勝利し、決勝ではアメリカに2-2の引き分けからPK戦で勝利しました。

大会にかかわる、その他の賞

  • フェアプレー賞:なでしこジャパン
  • 大会最優秀選手賞:澤穂希
  • 大会得点王:澤穂希(5得点)
  • オールスターチーム選出:海堀あゆみ(GK)、宮間あや(MF)、大野忍(MF)、澤穂希(MF)

さらになでしこジャパンには、8月2日、日本政府から団体としては初となる国民栄誉賞が授与され、2011年度のFIFA年間表彰式では、澤穂希選手がFIFA女子最優秀選手賞を、佐々木則夫監督がFIFA女子最優秀監督賞を受賞しました。

他にも、新語・流行語大賞では「なでしこジャパン」が年間大賞を受賞しました。

出典:Wikipedia

SNSでフォローする