「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2013年9月】任天堂3代目社長・山内溥氏が肺炎のため逝去

山内溥社長
Pocket

任天堂3代目社長・山内溥氏が死去

2013年(平成25年)9月19日に任天堂の3代目社長だった山内溥氏が肺炎のため死去されました。

満85歳で、葬儀は任天堂本社で社葬として執り行われたそうです。

山内氏は1949年から2002年まで任天堂の社長を務め、2002年から2005年までは同社の相談役を務めていました。

任天堂3代目

山内溥氏は任天堂の創業者である山内房治郎氏のひ孫にあたります。2代目は房治郎氏の娘婿である山内積良氏。

祖父である積良氏の跡を継いで、わずか22歳で山内溥氏は任天堂の社長となりました。

ちなみに、溥氏の父親である山内鹿之丞氏は、自由奔放な性格で近所の女性と駆け落ちして失踪してしまったそうです。

トランプと花札と他業種

任天堂(創業時は山内房治郎商店)の創業者房治郎氏が工芸家ということもあり、房治郎氏の腕を活用して花札作りを始めたのが、任天堂と花札の歴史になるそうです。

その後、房治郎氏は花札だけではなくトランプの製造も始め、花札とトランプをもって、日本一のプレイングカード会社となりました。

3代目となる溥氏は、日本初となるプラスチック製トランプを開発したり、ディズニートランプなどを発売し、任天堂の業績を上げ、一時代を築きました。

そして野心に燃える溥氏は、多角経営に乗り出し、タクシー会社、食品会社と他業種にも進出しましたが、ことごとく失敗してしまい、1964年には倒産危機に直面したそうです。

ちなみに、山内溥氏の後継者として岩田聡氏に社長を譲ったとき、山内氏は岩田氏に「異業種には絶対手をだすな」と教えたそうです。

倒産危機からグローバル企業へ

多角経営による倒産危機に直面している時、横井軍平氏が作ったおもちゃ「ウルトラハンド」が大ヒットを飛ばし、その後開発主任になった横井軍平氏らが光線銃などのおもちゃを開発して世に送り出しました。

その後も数々のヒット作を出すのですが、光線銃SPがヒットしたことから、光線銃SPを発展させた「レーザークレー射撃」という施設を全国展開させようとしたときに、運悪くオイルショックが起きてしまい、任天堂は多額の負債を背負い、再び倒産危機に直面したそうです。

それから任天堂は、アーケードゲーム市場に参入し、当時流行っていたインベーダーゲームの類似商品「スペースフィーバー」を世に送り出し、1980年には携帯型ゲーム機「ゲーム&ウォッチ」を発売し大ヒット。

この「ゲーム&ウォッチ」の売り上げは、これまでの負債を返済しても、なお有り余るほどの利益を任天堂にもたらし、この後、あの家庭用ゲーム機の歴史に名を刻むファミコンの開発を始めたそうです。

そして1983年に「ファミコン」を世に送り出して、グローバル企業任天堂の礎を築くことになりました。

出典:Wikipedia
見出し画像引用:京都大学

SNSでフォローする