「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2016年7月】ポケモンGOリリース

ポケモンGO
Pocket

スマホでポケモン

任天堂としてはMiitomo(ミートモ)に次ぐスマホ第二弾アプリになる『ポケモンGO』が2016年(平成28年)7月22日にリリースされました。

この7月22日リリースは日本の話ですが、一番最初にリリースされたのはアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの7月6日になります。

歩きスマホ問題

AR(拡張現実)の機能をつかい、街にあるポイントを歩いて巡ったり、街にいるポケモンを捕まえに外に出歩かないといけないことから、このポケモンGOを境に「歩きスマホ」問題が一気に過熱しました。(歩きスマホは以前からありますが)

社会問題にまでなったポケモンGOによる歩きスマホ問題を受け、ポケモンGOは後のバージョンアップで、一定のスピード以上ではゲームの一部機能に制限が加えられるなどの対策がなされてきました。

ポケモンGOの進化

この『ポケモンGO』はナイアンティックと株式会社ポケモンによって共同開発されましたが、元になったゲームがナイアンティックが開発した『Ingress(イングレス)』であることから、当初はIngressでマッピングされているポイントとポケモンGOのポケストップなどが完全に一致しておりましたが、後になって、マクドナルドやソフトバンク、イオンなどといった協賛会社の店舗がポケストップになったりして現在はIngressとポケモンGOのポイントにわずかながら差がみられるようになってきました。

周辺機器として、2016年9月16日には『ポケモンGOプラス』が発売され、2016年12月にはApple Watchに対応したりもしております。

ゲーム開始時は、ポケモン赤・緑に出てくる初期のポケモンのみが実装されておりましたが、2017年2月になってポケモン金・銀にでてくるポケモンが追加されることになりました。

ポケモンGOの数字

アメリカでは、開始1週間で利用者が6500万人を超えたとされており、開始4日で売り上げ14億円を突破したそうです。

AppStoreでのダウンロード数は世界36か国で1位を獲得。

リリースから8週間で5億ダウンロード達成。

2016年だけで全世界で9億5000万ドル(約1090億円)の売り上げを稼いだと言われております。

全世界のユーザーがポケモンGOで歩いた距離は、リリースから8週間で約46億キロにも達成したそうで、いずれはポケモンGOユーザーが歩いた距離は太陽系を超えましたなんて日もくるかも!。

出典:Wikipedia

SNSでフォローする