「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【1999年1月】プロレスラー、ジャイアント馬場さん死去

プロレスラージャイアント馬場さん死去
Pocket

巨星堕つ

1999年(平成11年)1月31日、プロレスラーのジャイアント馬場さんが亡くなられました。

ジャイアント馬場さんは1938年1月23日生まれの61歳、亡くなられる1か月前までリングに上がっていたジャイアント馬場さんの突然の訃報に日本中が悲しみました。

ジャイアント馬場さんは、身長は209センチ、体重は90キロ。代名詞ともいえる得意技は「16文キック」。ほかにも長身と大きい身体をいかした「32文人間ロケット砲」「脳天唐竹割り」など。

元々はジャイアンツの投手として活躍していたプロ野球選手。

入団2年目、2軍時代には12勝1敗、3年目には13勝2敗と2年連続で2軍の最優秀投手賞を受賞し、3年目の10月には1軍にて初先発。しかし、この頃に脳腫瘍による開頭手術を受けるなど、健康面に不安が残るようになり、

ジャイアンツを解雇されたあと、大洋ホエールズの採用内定を受けてはいたものの、風呂場で転倒し左ひじに17針を縫うケガをし、左手の指関節が動かない状態が持続したためにプロ野球を断念したそうです。

プロレスラージャイアント馬場誕生

プロ野球の世界から身を引いたのち、馬場氏はジャイアンツ時代に面識のあった力道山氏のもとを尋ね、力道山氏から命じられたヒンズースクワット100回を難なくこなすことで、その場で入門が決定。同期には、あのアントニオ猪木氏もいたそうです。

1960年4月に力道山氏のもとに入門した馬場氏は、1960年9月にデビュー戦をむかえギブアップ勝ち。1962年6月にはNWA世界ヘビー級王者に輝きました。

全日本プロレス旗揚げ

1972年10月に、馬場氏は全日本プロ・レスリング株式会社を旗揚げしました。

旗揚げ直後より、世界中のレスラーたちとヘビー級王座争奪戦を開始し、馬場氏が初代王者に認定され、馬場氏はその後、このヘビー級王座を38回連続で防衛することになります。

1980年には通算3000試合を達成しましたが、1985年にスタン・ハンセンに敗退しヘビー級王座から転落したのをきっかけに、タイトル戦からは身を退き、社長業やタレント業に比重を置き、自身は前座などで明るく楽しいプロレスをモットーに試合を続けておりました。

あの名曲とジャイアント馬場の関係

B’zの「ギリギリchop」は、プロレスファンの稲葉浩志さんが、ジャイアント馬場さんの死に哀悼の意を込めてつけたタイトルだそうです。

出展:Wikipedia-ジャイアント馬場

SNSでフォローする
関連記事
No articles