「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2015年1月】マクドナルドのチキンマックナゲットに異物混入

チキンマックナゲット
Pocket

チキンマックナゲットにビニール片

2015年(平成27年)1月、青森県にあるマクドナルドで販売したチキンマックナゲットから、ビニール片のような異物(3センチ前後のひも状のもの)が混入していると購入した男性から届けでがあり、マクドナルドは謝罪と共に返金対応に応じました。

マクドナルドは、このナゲット異物混入事件を受け、このナゲットと同じ日に作られたロットを販売中止にしましたが、製造された製品19万食のうち、回収できたのはわずか1%ほどだったそうです。

相次ぐ異物混入

このニュースを皮切りに、あちこちからマクドナルドの異物混入話が聞こえ始め、2014年には、中国の工場で期限切れ食肉問題を起こしていたマクドナルドは、再び食の安全について疑問が呈される形になりました。

出展:Jcastニュース日テレNEWS24日本マクドナルド

SNSでフォローする