「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2003年4月】白装束集団パナウェーブがワイドショーに取り上げられる

パナウェーブ研究所
Pocket

謎の白装束の集団あらわる

2003年(平成15年)4月28日に岐阜県の山奥の林道を、白装束集団パナウェーブ研究所が占拠しました。

彼らが全身白装束というビジュアル的に誇張された特徴を持っていたこともあってか、この光景は連日ワイドショーなどで放送され、パナウェーブ研究所の名前は一躍全国区に知れ渡りました。

パナウェーブ研究所の主張

彼ら曰く、スカラー電磁波は人体に有害であるらしく、スカラー電磁波から身を守る効果があるということで、白装束を身に着けているという。

さらに、渦巻き模様にはスカラー電磁波を防ぐ効果があるということで、彼らの乗る車には謎の渦巻き模様が描かれた紙が大量に張られていました。

パナウェーブ研究所の車

パナウェーブ研究所の車

さらに、共産主義者がスカラー電磁波で日本を襲うと主張もしており、教祖がその被害を受けているなどとも言っていたり、5月に天変地異が起こるなどなど、オカルトチックな発言ばかりが目についており、当時の警察庁長官も「オウム真理教の初期に似ている」と警戒心をあらわにしました。

結果として、天変地異もなかったですし、何か事件事故が発生することもなく、2017年現在、パナウェーブ研究所は自然消滅で消えてしまっているそうです。

スカラー電磁波とは

二コラ・テラス(1856年~1943年)が発見したテスラ波をもとに、トーマス・ベアデンが提唱した電磁波の一種だが、具体的な実証はなく疑似科学に分類される。

大企業との関連性

名前がなんとなく似ているとい理由だけで、パナウェーブ研究所とパナソニックの関連性を疑う人もいたようですが、両者に共通点はまったくなく、完全に無関係だそうです。

出展:Wikipedia-パナウェーブ研究所Wikipedia-スカラー電磁波NAVERまとめ

SNSでフォローする
関連記事
No articles