「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2014年3月】映画『アナと雪の女王』公開

アナと雪の女王
Pocket

ディズニー史上最大のヒット作

2014年(平成26年)3月14日に映画『アナと雪の女王』が公開されました。

原作はアンデルセン童話『雪の女王』とのことですが、まったく新しいストーリーに書き直され、ディズニー史上初となるダブルヒロインとなる作品になりました。

アナの声は、神田沙也加さんが担当、エルサの声は松たか子さんが担当し、松たか子さんは主題歌『レット・イット・ゴー』も担当されました。※主題歌については後述あり

観客動員数は、約2003万人と日本歴代2位。興行収入は、約254.8億円で日本歴代3位。日本におけるディズニー映画史上最大のヒット作となりました。

興行収入ランキング

  1. 千と千尋の神隠し:約308億円
  2. タイタニック:約262億円
  3. アナと雪の女王:約254.8億円
  4. 君の名は。:約249億円
  5. ハリー・ポッターと賢者の石:約203億円

観客動員数ランキング

  1. 千と千尋の神隠し:約2350万人
  2. アナと雪の女王:約2003万人
  3. 東京オリンピック:約1950万人
  4. 君の名は。:約1900万人
  5. タイタニック:約1683万人

2つの主題歌?

劇中では、エルサが宮殿を建てるときに松たか子さんが歌う『レット・イット・ゴー』が流れ、エンディングではMay・Jさんが歌う『レット・イット・ゴー』が流れました。

当時は、CM効果もあってか?『レット・イット・ゴー』といえば松たか子さんバージョンという印象が強く、エンディングで流れてくるMay・Jさんバージョンに違和感を覚えた人も多かったそうです。

加えて、May・Jさんの炎上体質もあってか、当時は相当なブーイングがありましたが、2017年3月にフジテレビで地上波放送されたときにエンディングが、フジテレビが制作したみんなで歌おうバージョンが流されたときは、一転してMay・Jさん擁護の声が多く聞かれました。

(ちなみに、そんなテレビ初放映時のアナ雪の視聴率は19.7%だったそうです)

『アナと雪の女王』の続編

2015年4月に映画『シンデレラ』と同時上映という形で、短編アニメーション『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』が公開。

レゴアニメとして『LEGO アナと雪の女王 オーロラの輝き』がディズニーチャンネルにて2017年2月から放送。

さらに、2019年11月には長編映画としての続編が公開される予定になっています。

出典:Wikipedia-アナと雪の女王ディズニー公式サイト

SNSでフォローする
関連記事
No articles