「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2017年5月】明治の「カール」、東日本での販売を終了!今後は西日本限定で販売

カール販売終了
Pocket

日本初のスナック菓子「カール」が消える!?

2017年(平成29年)5月25日、明治から販売されているおやつの「カール」が、東日本での販売を終了することになりました。

これまで全国で5か所の工場で作られていたそうですが、今後は1か所に縮小し、西日本限定での販売になるそうです。

販売エリア縮小にあわせ、フレーバーも「チーズあじ」「うすあじ」の2種類に減らし、これまであった「カレーあじ」などは生産終了になりました。

年間売り上げでいうと、最盛期となった1990年代は約190億円あったものの、2016年には約60億円程度まで落ちていたそうです。

カール争奪戦

カール売り切れ

カール売り切れ

と、こういう話が出ると当然のことながら、スーパーからカールが消えるのは早く、どこにいってもカールを手に入れることは不可能かと思われましたが・・・・・

残っていたカール

残っていたカール

運よく、カールを見つけることができまして

最後のカール

最後のカール

「うすあじ」と「チーズあじ」を2個ずつ買ってきました。

まぁ、正式には8月までは普通に生産するそうですので、またしばらくすれば普通に供給されるとは思いますが、どのみち夏までそうそうチャンスもないので、見かけたら買うのが吉でしょう。

それにつけてもおやつはカール

それにつけてもおやつはカール

このパフパフ感が東日本では味わえないとなると、なんか感慨深いものがありますが、誰か西日本にいったときにお土産で買ってきてもらうのも手なのかもしれません。

カール豆知識

「カール」は、日本初のスナック菓子であり、1968年7月25日に明治製菓より発売。発売当初のフレーバーは「チーズ味」「チキンスープ味」の2種類だったそうです。

カールのマスコットキャラクターとして有名な「カールおじさん」は、もともとは脇役で、1975年ごろには「坊や」と呼ばれる子供キャラクターがマスコットキャラクターとして活動していたそうです。

その「坊や」の脇にいた「カールおじさん」がなぜか人気になり、1982年からは「カールおじさん」がマスコットキャラクターとして活躍しています。

カールの坊や

坊や(引用:明治製菓)

上のイラストは、1974年当時のテレビCMの1コマなのですが、手前に大きく映っているのが「坊や」で、後ろで動物たちを引き連れて歩いている脇役っぽいのが「カールおじさん」になります。

主役脇役逆転

主役脇役逆転

1982年からは正式に「カールおじさん」がカールのマスコットキャラクターになりましたが、それを機に「坊や」が消えたというわけではなく、「カールおじさん」の脇役として「坊や」も息の長いキャラクターとなりました。

カールの影に隠れし商品

カールの販売終了(東日本での)ばかりに目がいっておりましたが、同時期に同じく明治製菓から販売されている「ピックアップ」も販売終了になるそうです。

ピックアップも販売終了

ピックアップも販売終了

こちらの方は、地域限定で残るという話も聞きませんので、もしかしたら完全に販売終了する可能性がありますので、ある意味カールよりも争奪戦が激しくなりそうではありましたが、普通にスーパーで売っていました。

出典:日本経済新聞Wikipedia-カール

SNSでフォローする
関連記事
No articles