「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2009年6月】マイケル・ジャクソン逝去

マイケル・ジャクソン
Pocket

キング・オブ・ポップス天に召される

2009年(平成21年)6月25日にマイケル・ジャクソン氏が逝去されました。

6月25日10時40分ごろにマイケル氏の要求から主治医がマイケル氏に麻酔薬を点滴投与、その後マイケル氏が心停止・呼吸停止状態に陥り、ボディーガードが救急隊に通報し、カリフォルニア大学ロサンゼルス校付属病院に救急搬送され蘇生活動を行うも、14時26分に死亡が確認。

マイケル・ジャクソン氏は1958年8月29日生まれで、満50歳でした。

マイケル・ジャクソン死亡の原因

2009年7月、ロサンゼルス市警は、麻酔薬の不適切な使用が死因であると、処方医による重過失致死の可能性があると発表。

同年8月には、ロサンゼルス検視当局がマイケル氏の死因を公式発表。マイケル氏の死因は麻酔薬と催眠鎮静剤の複合使用が原因と指摘し、それらが故殺であることも断定。

2011年11月に、元主治医は過失致死罪で禁錮4年の有罪判決を言い渡されました。

死亡ニュース後の世界の反応

あまりにも「Michael Jackson」という言葉が検索されすぎ、Googleでは一時「Michael Jackson」という言葉がスパム扱いされるほどだったそうです。

ちなみにTwitterでは「Michael Jackson」という言葉が1秒あたり456件も検索されたといいます。

ネット上で最初に報道したのはアメリカのTMZというサイト、続いてロサンゼルス・タイムズ。しかしその2つのサイトはアクセス数の急増でサーバーがダウン。

他にも各国のサーバーがダウン。

Googleの「Michael Jackson」検索数

Googleの「Michael Jackson」検索数

CNNやBBCなどは報道特別番組を編成し、24時間体制で病院前から生放送を続けました。

2003年11月に発売されたベストアルバム「ナンバー・ワンズ」が全世界のチャートで1位を獲得。2005年8月に発馬された、ジャクソン5時代のも含めたベストアルバム「エッセンシャル・マイケル・ジャクソン」は、マイケル氏の死亡後に7週連続で1位を獲得。

予定されていた公演のリハーサル映像で制作されたドキュメンタリー映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」が2009年10月に公開。2010年に発売されたブルーレイは、日本のオリコンランキングにおいて歴代4位の売り上げを記録。

マイケル・ジャクソンの略歴(超簡易版)

1968年に「ジャクソン5」のメンバーとして、「Big Boy」でインディーズデビュー。翌年1969年には「I Want You Back」でメジャーデビュー。そして、そのメジャーデビュー曲「I Want You Back」でいきなり全米チャート1位を獲得。その後も4曲連続で全米チャート1位を獲得。

1971年には「Got To Be There」でソロデビュー。

1979年にはマイケル自身が作詞作曲を手掛けた「Don’t Stop ‘Til You Get Enough」をリリース。

1982年に発売されたアルバム「Thriller」は、「史上最も売れたアルバム」としてギネス世界記録に認定されている。

1983年1月に「Billie Jean」を発表。5月にはムーンウォークを初披露。

1987年に発売されたアルバム「Bad」は、日本で最大のヒットアルバムとなる。

1989年、BREアワーズでポップ、ロック、ソウルの三部門を制する。これを機にマイケルは「キング・オブ・ポップ」と呼ばれるようになる。

1993年にはスーパーボウル・ハーフタイムショーに出演。ハーフタイムショー自体はスーパーボウル設立時からあったが、今ほど価値があるものと認められてはおらず、逆にハーフタイムショーになると視聴率が10%落ちるとまで言われていたが、マイケルが出演したことにより価値観が逆転。以降は有名歌手が起用され、起用された側もそれを名誉と感じるようになった。

1993年2月には尋常性白斑に罹患していることを明らかにした。8月には性的虐待疑惑がかけられ、音楽活動への影響を懸念し和解するが、和解したことにより逆に偏見の目を向けられるようになる。

1994年5月にエルビス・プレスリーの娘、リサ・マリー・プレスリーと結婚。1996年1月には離婚。

1996年11月にデビー・ロウと結婚。

2003年11月に性的虐待疑惑が浮上するが、2005年6月には裁判所から無罪が言い渡される。

2009年3月、最後のツアー「THIS IS IT」を行うと発表。

2009年6月25日、自宅にて心肺停止の状態で見つかり緊急搬送され、病院で死亡が確認される。

見出し画像引用:BAD25周年記念特別サイト
引用:Wikipedia-マイケル・ジャクソンWikipedia-マイケル・ジャクソンに対する過失致死事件

SNSでフォローする
関連記事
No articles