「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2004年2月】プリキュア1作目『ふたりはプリキュア』放送開始

ふたりはプリキュア
Pocket

初代プリキュア放送開始

2004年(平成16年)2月1日、プリキュアシリーズの1作目『ふたりはプリキュア』の放送が始まりました。

放送期間は2004年2月1日~2005年1月30日で、全49話。放送局はテレビ朝日系で、放送時間は日曜日の朝8時半から9時まで。

セーラームーンのタキシード仮面のような男性キャラが加勢にくることもなく、女の子たちの力だけで敵を倒していくスタイルで、戦闘シーンでは、魔女っ娘のような魔法のステッキなどは使わず、肉弾戦をメインとし、ディレクターには『ドラゴンボール』で実績のある西尾大介氏を起用しました。

ちなみにプリキュアの必殺技は2人がそろって初めて使用可能になるという制限が設けられています。

初代プリキュアグッズの売り上げと視聴率

シリーズ1作目からキャラクターグッズの売り上げが100億円を超え、バンダイの女児向けキャラクターグッズとしては、『セーラームーン』以来の記録となったそうです。

変身アイテムの「カードコミューン」は60万個も売り上げ、2004年の玩具売り上げの1位になりました。

視聴率は平均で7.3%と好調で、しかも4~6歳女児の視聴率は最高で58%を記録したそうです。

歴代プリキュアシリーズ

  1. ふたりはプリキュア
  2. ふたりはプリキュア Max Heart
  3. ふたりはプリキュア Splash Star
  4. Yes!プリキュア5
  5. Yes!プリキュア5GoGo!
  6. フレッシュプリキュア!
  7. ハートキャッチプリキュア!
  8. スイートプリキュア♪
  9. スマイルプリキュア!
  10. ドキドキ!プリキュア
  11. ハピネスチャージプリキュア!
  12. Go!プリンセスプリキュア
  13. 魔法つかいプリキュア!
  14. キラキラ☆プリキュアアラモード

初代と14代目(アラモード)を比べると、Webサイトのデザインの変容も見て取れるのがいいですね。

どうでもいい話

プリキュアの必殺技「プリキュア・マーブル・スクリュー」でキュアブラックが「ブラックサンダー」と叫んでおりますが、当時の女の子たちはプリキュアごっこをするとき「ブラックサンダー」とか「ホワイトサンダー」って叫んでいたんでしょうか?

ブラックサンダーと言えば、体操の内村航平選手も大好きなお菓子の「ブラックサンダー」を思い出す人もいるかと思いますが、

昔、お菓子のブラックサンダーのパッケージに「若い女性に大人気」と書かれているのを見て、プリキュアごっこをしている女の子を有楽製菓の社員がみかけて、自社製品とプリキュアを間違えたんじゃないだろうか?といまだに思ってます。

SNSでフォローする
関連記事
No articles