「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2014年1月】小保方晴子さん、STAP細胞を発見!!

小保方晴子
Pocket

美人科学者と世紀の大発見

2014年(平成26年)1月29日(日本時間)に、理化学研究所の小保方晴子さんが、まったく新しい万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の作製に成功したと報道されました。

STAP細胞は、イギリスの学術雑誌Nature(ネイチャー)にも掲載され、それまで発見されていた他の万能細胞(ES細胞、iPS細胞)らに比べ、簡単につくることができるということなどから、世界中から注目を浴びることになりました。

その後の顛末としては、結局STAP細胞なんてなかったというオチがついてしまいましたが、それでもSTAP細胞という言葉が世に出始めたころは、人類史に残るような世紀の大発見を小保方晴子さんのようなかわいらしい女性が発見したという、そのいい意味でのギャップもあいまって、一躍時の人となりました。

一時は「リケジョ」(理系女子の略語)なんて言葉が流行して、次の小保方さんを目指す若いリケジョにも注目がいったりと、それはもう一流芸能人並みの求心力を発揮しておりましたし、STAP細胞の嘘がバレたあとも、ひたすらに小保方さんを信じる人(主にオジサマ)がいたことから、生来持っている何かはあるのかもしれませんね。

(STAP細胞というネーミングセンスや割烹着というアイテムをつかったイメージ戦略などなどを考慮すると、科学者ではなく広告業界にいっていれば、それこそ一流の人材になっていたのではと個人的に思っております)

疑惑から論文撤回、そしてSTAP細胞は幻に

2014年1月にSTAP細胞を発表し、その後ネット上で匿名ブロガー11jigenさんがSTAP細胞の不自然な部分を指摘したのをきっかけに、小保方さんの論文コピペ騒動に発展し、その後世界中の研究者からSTAP細胞再現不可の報告が相次ぎ、日に日に疑惑が増していき、3月10日には論文の共同執筆者でもある若山照彦(山梨大学)教授が論文の撤回を呼びかけ始め、7月2日にはネイチャーに掲載した論文を撤回。同年12月には、検証実験を続けていた理化学研究所も、STAP細胞の確認に至らなかったと実験を打ち切りました。

発表当初、小保方さんは、生後間もないマウスから取り出した細胞をオレンジジュース程度の酸性溶液に浸すだけで作れると説明しておりましたが、STAP論文の発表以後、世界中の研究者がSTAP細胞の再現に取り組んだものの、誰一人として成功しなかったり、そんなハイレベルな作業を小保方さんは200回成功させたとか、いい感じで情報が迷走しまくっていたのを記憶しています。

ちなみにSTAP細胞は刺激惹起性多能性獲得(Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency)細胞の略だそうで、理化学研究所の見解では、STAP細胞はES細胞が混入したものとのことです。

出典:Wikipedia刺激惹起性多能性獲得細胞Wikipedia小保方晴子
見出し画像引用:ハフィンポスト

SNSでフォローする
関連記事
No articles