「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2007年】小島よしおさんの「そんなの関係ねぇ!」が大流行

小島よしお
Pocket

そんなの関係ねぇ!

2007年(平成19年)の芸能界は、お笑い芸人小島よしおさんのギャグ「そんなの関係ねぇ!」が大流行しました。

テレビ「ぐるぐるナインティナイン」や「笑いの金メダル」などに出演してから人気に火がつき、2007年の新語・流行語大賞には、小島よしおさんのギャグ「そんなの関係ねぇ!」と「おっぱっぴー」の2つがノミネートされ、そのうち「そんなの関係ねぇ!」がトップ10入賞を果たしました。

元祖YouTube芸人?

2016年には、ピコ太郎さんがYouTubeから人気に火がつき大ブレイクしましたが、当時、小島よしおさんもYouTubeで話題になった芸人さんで、一時は週間再生ランキング世界5位に入るほど人気がありました。

2007年当時で再生数が100万を超える動画もあったり、コメント欄には英語でコメントが書かれていたりと、ワールドワイドな人気を誇っていたようです。

あれから数年経ち、小島よしおさんも2015年ごろからYouTubeに「小島よしおチャンネル」を立ち上げましたので、そちらの活躍にも期待ですね。

そうそう、奇しくも新旧二人のYouTube芸人が中学生で習うような英語をネタにしてたので、こちらをどうぞ!

ちなみに、小島よしおさんが海外で人気がでたのは、「This is a pen」ネタではなく、「そんなの関係ねぇ!」ネタですのでご注意ください。

おっぱっぴーって?

「おっぱっぴー」は「オーシャン・パシフィック・ピース(太平洋に平和を)」の略とか、「オンリー・パンティー・ピックアップ(パンツしか穿きません)」の略などというウワサがありますが、真相はいまだ不明です。

小島よしおさんが与えた影響

同年競馬界に「ソンナノカンケーネ」という競走馬がデビュー。小島よしおさんとは関係なく、名前の使用許可などもなかったようですが、「ソンナノカンケーネ」の存在を知った小島よしおさんは、馬券を買って応援したそうです。

さらに、野球界では中日ドラゴンズのマスコットキャラ「ドアラ」が、小島よしおさんの芸風を真似たパフォーマンスなどをしていました。

出典:Wikipedia-小島よしおJcastニュース

SNSでフォローする
関連記事
No articles