「あの日、あの場所、どんな事?」時代を振り返るタイムマシーンサイト

【2014年3月】笑っていいとも終了、31年半の歴史に幕

笑っていいとも
Pocket

『笑っていいとも!』最終回

フジテレビ系列で1982年(昭和57年)10月4日から平日お昼の顔として長年放送が続いていた『森田一義アワー笑っていいとも!』が2014年(平成26年)3月31日(月)で最終回を迎えました。

最終回となった3月31日の放送では、通常のお昼の放送のほか、夜の10時から11時15分までの間に特別番組『笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号』が放送され、歴代レギュラーが総出演!ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、ナインティナインらが1つの舞台に集結するという奇跡も起きました。

テレフォンショッキング

最終回のゲストはビートたけしさん、タモリさんが大ファンということから最終回ゲストの大本命と言われていた吉永小百合さんは、夜のグランドフィナーレ感謝の超特大号でビデオメッセージ出演。

ちなみに第一回目のゲストは桜田淳子さん。歴代最多出演回数は、和田アキ子さんの持つ22回。最長トーク時間は、とんねるずの持つ48分22秒(2014年1月14日放送回)とのことでした。

『笑っていいとも!』の記録

司会者はタモリさんこと森田一義、31年6か月の放送で全8054回を数え、フジテレビ系列の帯番組最長記録であり、ギネス記録「生放送バラエティー番組・単独司会最多記録」と「生放送バラエティー番組・放送回数最多記録」が認定されました。

最終回の平均視聴率は16.3%、瞬間最高視聴率は18.4%とのことでした。

他にも視聴率でいうと、第一回放送の視聴率が4.5%、全8054回の平均視聴率は11.5%、最高視聴率は1988年4月29日の27.9%、最低視聴率は1982年10月25日の2.8%とのことでした。

ちなみにグランドフィナーレ感謝の超特大号の視聴率は、平均視聴率が28.1%、瞬間最高視聴率が33.4%だったようです。

笑っていいとも終了後のタモロス現象

3月31日が月曜日だったのですが、最終回を迎えたのがわかっていても、なんとなく次の日のお昼にはまたいいともが放送されてるんじゃないかと思ったりもしてましたが、4月1日(火)のお昼の放送を見て、ようやくいいともが終わったと実感しました。

30年以上にわたり平日お昼の顔としてお茶の間やオフィスに笑いを届けていた笑っていいとも!がなくなり、心にポツンと大きく穴があいた人、決して少なくないとは思います。

そんなタモロスに悩む日本人の心の穴を埋めるかの如く、同年秋にはなにやらデジャブ感ただようコーヒーのCMなんかが放送されたのも印象深かったですね。

そして、長年笑っていいとも!の収録スタジオとして使われてきたスタジオアルタは、いいとも終了から2年後となる2016年3月31日に、老朽化にともない営業終了となりました。

「それじゃあ、また明日も見てくれるかな?」

出典:Wikipedia
見出し画像引用:笑っていいとも!公式サイト

SNSでフォローする
関連記事
No articles